上川タイム

日本サッカー界を代表する審判であるとともに、厳格なジャッジでも知られる上川徹氏を、暖かい眼(?)で見守るブログ♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

AFCチャンピオンズリーグ準決勝

 この水曜にはAFCチャンピオンズリーグの準決勝2ndレグが行われた。

 クウェートで行われたAl Qadisiya-Al Karamaは、日本の審判団が担当し、
主審は西村雄一(SR)、副審は廣嶋禎数、柴田正利の両名だった。

 情報が試合結果の数字的なものしかなく、判断は難しいが、準決勝のもう1試合
がやや荒れた印象でったのとは対照的に、も前半の3枚のみに抑え、あくまで
も試合結果のみからの判断だが、無難に裁いたといえる結果ではないか。

 ちなみに、3枚のはすべて審判への異議によるものであり、荒れたプレー内容
に対するものではないようだ。後半には、異議に対するもなく、試合は落ち着い
た流れになっていたのではないかと想像するが、どうだろう。
スポンサーサイト

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/10/20(金) 15:36:57|
  2. 国際試合など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

AFCチャンピオンズリーグへ降臨

 上川徹(SR)が13日に行われたAFCチャンピオンズリーグの準々決勝に降臨した
ので、お伝えしておく。


 → AFCチャンピオンズリーグのHP

 → 降臨試合の詳細


 対戦カードは、上海申花(中国)-全北モータース(韓国)で、1stレグは前者のホ
ーム戦で、会場は上海。

 この試合、ホームの上海申花が1-0で勝利しているが、全北モータースは退場者
を2人出している。数的優位に立ちながら最小得点差という意味では、上海申花の辛
勝といったところか。
 

 同試合の“Matchcentre”(上記ページにリンクあり)を見ると、の理由が簡潔
に記されているが、、6枚のうち、審判に対する異議によるものが1枚で、残り5枚
は“Unsporting behaviour”が理由とされている。やや荒れ気味の試合だったのかも
しれない。

 の理由は、ともに“Serious Foul Play”となっており、どのような意味で“Serious”
なのかは、この限りではわからない。

 このレッドカードが妥当であったかどうかは、試合を見ていない身としては判断で
きないが、2枚ののうち1枚については、下記のニュースのページにあるように、
「暴力行為を働いたため、2試合の出場停止と3000ドルの罰金の処分が科された」
とのことなので、どう考えてもが妥当だということだろう。


 → ニュースのページ


 もう1枚のついては情報がないのでわからないが、得点機会阻止だろうか。


 この試合のジャッジに対して、敗れた全北モータースのChoi Kang-heeコーチは、
以下のようにコメントしたとのこと。


“The reason we couldn’t play as well as we usually do was because
of the two red cards. The players were unable to play as they intended.
If the referee’s decisions had been given equally it would have been
better.

“But even though the referee’s decisions didn’t satisfy me, I’m
satisfied with the team’s performance. The nine players did quite
well.”


 仮定法を使ってるので、高校で習う英文法をマスターしていないと理解できませ
んな。

  1. 2006/09/15(金) 17:25:46|
  2. 国際試合など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サウジアラビア戦

 昨夜はアジア杯最終予選のサウジアラビア戦が行われた。


 この試合の主審は、シンガポールのシャムスル・マイディンだった。ドイツW杯
にも主審として参加した実力派で、アジアからは上川徹(SR)と彼の2人だけが
選ばれていた。アジアを代表する有力チームどうしの対戦ということで、彼が主
審に指名されたのだろうか。

 ちなみに、シャムスル・マイディンのプロフィールについては以下のページを。


  → シャムスル・マイディン(W杯公式HP)



 やはり、W杯主審に選出されるほどの審判は、その他の国際大会でも活躍し
ているようだ。

 そういえば、リベルタドーレス杯決勝の主審は この人 だったし・・・。
  1. 2006/09/04(月) 15:56:54|
  2. 国際試合など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ロシアリーグでの試合について

 上川徹(SR)が降臨したロシアリーグでの試合については、国内では驚くほど
に報道がない。これ以上待っていても出てこないように思うので、ここはある程
度自力でがんばってみるか・・・。

(注意) ロシア語の単語をコピー&ペーストすることになると思うが、フォントの
     問題で、うまく表示されないかもしれない。


 題材は結局のところ、昨日も紹介した以下の試合結果(公式HP)のみ。

 → 試合結果


 ロシアリーグへの降臨が決定したときには報道されており、会場はウラジオス
トック、対戦カードはルチエネルギヤとスパルタク・モスクワということだった。ス
パルタク・モスクワはそれなりに有名なチームで、同リーグでは上位争いをして
いると想定される。同チームは、チーム名からしてモスクワをホームタウンとする
チームであることが明らかなので、ルチエネルギヤがウラジオストックのチーム
で、今回は強豪を向かえてのホーム戦ということになる。


 まずは、チーム名を字面から確認すると、

  Луч-Энергия   → ルチエネルギヤ
  Спартак-Москва → スパルタク・モスクワ

なのではないかと思う。後者については'Спартак (М)'とも表記されている。
これは、どうやら'Спартак (Нч)'というチームもあるかららしい。

 ついでに地名については、

  Москва  → モスクワ

については既に明らかだが、加えて、

  Владивосток → ウラジオストック

というのも何となく想像がつく。



 その上で結果を眺めてみると、ルチエネルギヤがホームの利を活かし、スパル
タク・モスクワに1-0で勝ったことがわかる。ページ内にある順位表らしき表を見る
と、スパルタク・モスクワは2位のチームなので、これは見事な結果と言えるかも
しれない。(ただし、ルチエネルギヤは6位なので、決して弱いチームということは
ないようだ。)

 ちなみに順位表の上には、'Турнирное положение'と書いてあるが、「順
位表」という意味なのだろうか。


 試合内容としては、試合終盤まで両チーム無得点で、87分にルチエネルギヤ
のМонаревが見事ゴールを決め、ルチエネルギヤがこの1点を守り切って、勝
利している。強豪相手に集中力ある試合を見せたのではないかと想像される。


 この試合、上川徹(SR)は5枚のを出している。以下のような感じだ。

  28    → Тихоновецкий  (ルチエネルギヤ)
  45    → Архипов     (ルチエネルギヤ)
  55    → Семочко     (ルチエネルギヤ)
  57    → Шпедт      (スパルタク・モスクワ)
  90+1   → Родригес     (スパルタク・モスクワ)


 前半にルチエネルギヤへのが多いのは、各上相手にアグレッシブなプレー
を見せた結果だろうか。ルチエネルギヤは、選手交代についても、早い時間帯か
ら動いており、先手先手でスパルタク・モスクワに勝ったという印象を受ける。


 他にもいくつか意味を類推できる単語は多いように思う。

 “Kamikawa T.”の前に書いてある'Судья'は「審判」ないし「主審」だと思わ
れるし、'Помощники судьи'は「副審」だろう。ちなみにこの試合の副審は、
Волнин Е.В.とМалородов А.В.だった。もちろん面識はなし。




 ほとんどロシア語の勉強だな・・・。もっとも身についたわけではないがな。
  1. 2006/08/22(火) 18:53:02|
  2. 国際試合など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ロシアリーグの試合結果

 日本のニュースではほとんど取り上げられていないため、調べてみたのだが、
日本語でロシアリーグについて紹介しているHPやブログもなく(2~3年前までは
あったようだが・・・)、仕方がないので、ロシアリーグの公式HPにアクセスしてみ
た。日本語がないのは仕方ないにしても、英語のページもないようだ。


 → 公式HP


 とはいえ、それくらいで引き下がるわけにはいかないので、この週末の試合結
果をひとつひとつ探してみたら、下記のページに“Kamikawa”という人名が出てく
るので、おそらくこれが降臨試合だろう。


 → 上川徹(SR)降臨試合の結果


 試合結果が1-0ということや、を5枚出したことなどがわかる。
  1. 2006/08/21(月) 13:16:57|
  2. 国際試合など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
次のページ

プロフィール

 ミハイロビッチ♂

Author: ミハイロビッチ♂

●サッカーとプリンをこよなく愛する

●「ヒデ」といえば中田英寿ではなく橋本英郎

●ガンバの中盤は遠藤でも明神でもなく英郎が支えていると信じる

●だからといってガンバファンではなくグランパスファン

●しかし名古屋市民ではない(エビフライは好き☆)

●馬は逃げ馬に限る(タップダンス♪タップダンス♪)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

Link

Ranking

Others

  • 管理者ページ
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。