上川タイム

日本サッカー界を代表する審判であるとともに、厳格なジャッジでも知られる上川徹氏を、暖かい眼(?)で見守るブログ♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

天皇杯(準決勝)の結果

 去る29日には天皇杯の準決勝2試合が行われた。

 国立の試合を観戦に行ったこともあり、しかもその試合に上川徹(SR)が降臨
したため、詳細を書かなければならないが、年末なので今日は結果だけ書いて
おいて、詳細は新年にでも。



天皇杯(準決勝)の結果■■


浦和レッズ 2-1 鹿島アントラーズ
   主審:上川 徹(SR)

ガンバ大阪 2-1 コンサドーレ札幌
   主審:松村 和彦




 「天皇杯」と聞くと正月気分になるように、日本人らしい年越しをしようと思った
ら、やはり「ゆく年くる年」だろうか。暗い気分になるという意見もないではないが、
昔ながらの年越しを思い描くのも悪くない。

 今年は「上川タイム」を書いて、いろいろなこと得たように思う。いろいろなもの
に感謝しながら、年を越さなければなりませんな。

 というわけで、審判の方々、選手、その他のチーム関係者の方々、そして読
者の方々、よいお年を。
スポンサーサイト

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/12/31(日) 19:41:13|
  2. 試合結果
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

年末年始の天皇杯

 昨日、「年末年始の営業」について書いたのに、また書くのもどうかと思うが、
年賀状書きで手が疲れたので、ちょっとひと休みして「上川タイム」に向かう。

 今回の天皇杯も準決勝、決勝と、あと3試合を残すのみだが、ここまでの主審
の配員を踏まえれば、この3試合のどこかに上川徹(SR)が降臨する可能性は
かなり高いように思う。

 Jリーグだと1節に多くの試合が行われるので、どの試合に降臨するかを予想
するのは至難の業だが、3試合ということであれば、ローリスク・ハイリターンの
投資ではないかと。

 というわけで、年賀状書き、大掃除をしながら、あるいは、1年間にあった良い
ことも悪いことも思い返し、新しい年に思いを馳せながら、上川徹(SR)のホイッ
スルを聴くなんてのも、年末年始にはよいのではないかと。




 もっとも、必要以上にテレビをつけながら過ごせなどと書いていたら、でんこ
ちゃんに怒られてしまうかもしれないがな。 ←東京電力限定?
  1. 2006/12/28(木) 15:37:43|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

年末年始の営業

 だいぶ年末モードになってきた。


 というわけで、「上川タイム」の年末年始の営業について。


 といっても、プロサッカー界の年末年始といえば天皇杯なわけで、ここでいう年
末年始というのは天皇杯のことに他ならないわけだが(←回りくどい!)、準決勝、
決勝ともに参戦する予定なので、主審の速報はできない。結果を書くのも後日に
なるかもしれない。


 もっとも、参戦するといっても、参戦する場所はピッチではなくスタンドだがな。
  1. 2006/12/27(水) 15:53:04|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

講演記録

 某氏から上川徹(SR)の講演記録がWEB上で公開されてるという情報をいただいた
ので、紹介する。(非公開コメントだったため、教えていただいた方の名前は伏せます。
教えていただいた方、ありがとうございます。)


 → 講演記録 (PDFファイル)


 冒頭に書かれている日付と場所から、札幌ドームでコンサドーレ-ヴィッセルに降
臨した日(10月21日)の次の日に行われた講演会の内容と見られる。


 大変興味深いので、ぜひ一読を。
  1. 2006/12/26(火) 19:03:03|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

天皇杯(準々決勝)の結果

 この週末には天皇杯の準々決勝4試合が行われた。



天皇杯(準々決勝)の結果■■


    浦和レッズ 3-3 ジュビロ磐田
          PK:10-9
       主審:岡田 正義(SR)

 鹿島アントラーズ 3-2 清水エスパルス
       主審:柏原 丈二(SR)

    ガンバ大阪 3-1 横浜 F・マリノス
       主審:片山 義継

ヴァンフォーレ甲府 0-2 コンサドーレ札幌
       主審:吉田 寿光(SR)



 これで残るは準決勝、決勝の3試合のみ。

 5回戦以降で登場していない主審は、西村雄一(SR)、松村和彦、高山啓義、
そして上川徹(SR)といったところ。

 準決勝以降の担当がどのようになるか興味深いところだ。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/12/25(月) 10:28:32|
  2. 試合結果
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

いちおう速報

 時間的には速報でもなんでもないが、天皇杯準々決勝の主審を。


 埼スタのレッズ-ジュビロは岡田正義(SR)。

 仙台のヴァンフォーレ-コンサドーレは吉田寿光(SR)。

 熊本のエスパルス-アントラーズは柏原丈二(SR)。

 神戸のマリノス-ガンバには片山義継が見参。


 これで残るは準決勝と決勝のみ。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/12/23(土) 14:16:21|
  2. 速報・経過
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2006年Jリーグ総括【その3】

 「2006Jリーグ・アウォーズ」等があったため中断したが、Jリーグ総括の続きを。

 今日は上川徹(SR)降臨試合の観客数について。

 1年間に何人くらいが上川徹(SR)の降臨に立ち会ったかを把握するのがねら
い(?)。



《 上川徹(SR)降臨試合の観客数 》


  3月11日   56512
  4月 1日    10661
  4月12日    4455   【ナビスコ】
  4月15日   21190
  4月22日    6794
  4月26日    7614   【ナビスコ】   
  5月 3日   25687
  5月 6日   21874
  5月14日    5521   【ナビスコ】
  7月26日   20425
  8月23日   15239   【J2】
  8月26日   14227
  8月30日    9249
  9月16日   19036
  9月30日   24136
  10月 7日   10222
  10月14日   16281
  10月21日   18547   【J2】
  10月28日   9852
  11月 3日   44704   【ナビスコ】
  12月 2日   62241

 ※ 対戦カード、会場等は過去の記事を参照のこと。



 合計すると延べ424467人が上川徹(SR)の降臨に立ち会ったことになる。

 ちょっとした都市よりも多い。例えば長野県松本市の2倍で、秋田市より10万人
くらい多い。

 ハワイは2000年の段階で約120万人だったので、それに比べると3分の1という
ことになる。あのドログバの出身国であるコートジボワールは約1660万人なので、
それよりはだいぶ少ない。

 すごいのか、すごくないのかよくわからなくなってきたので、今日はこれくらいで。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/12/22(金) 17:02:31|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2006Jリーグアウォーズ余聞

 先日書いた「2006Jリーグアウォーズ」について、いくつか補足情報を。


● J's Goalに受賞者のスピーチの動画があるので、未見の方は見てみるとよ
  いのではないかと思う。

 → J's Goal


● スカパーで「2006Jリーグアウォーズ」の再放送があるそうなので、契約者は
  イベントの全体をもういちど味わうことも可能。(通りすがりさん情報ありがとう
  ございます。)

  再放送日時
   12月23日(土)12:45~15:45  Ch.181
   12月23日(土)18:30~21:30  Ch.185
   12月24日(日)12:00~15:00  Ch.180
   12月24日(日)20:30~23:30  Ch.185

  もういちど、などとけち臭いことを言わず、4回も味わえるということですな。


● ちなみに、優秀主審賞、優秀副審賞を受賞するとどんな商品をもらえるか
  というと、

  優秀主審賞:ホイッスルタイプクリスタルトロフィー
          純金ホイッスル(!)

  優秀副審賞:銀製アシスタントレフェリーフラッグシールド

  とのことで、なかなか洒落ているように思う。現物の写真は、JリーグのHP
  から、Jリーグアウォーズのページに行くと掲載されているので、それを参照
  していただきたい。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/12/21(木) 13:15:21|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2006Jリーグアウォーズ

 昨日(18日)、Jリーグの年間表彰にあたる「2006Jリーグ・アウォーズ(J-League
Awards)」が横浜アリーナで行われた。


 全てを紹介したいところだが、MVPやベストイレブンなど、表彰は多岐にわたる
ので、ここで全て紹介することはしない。


 主要な結果のみ以下に抜粋しておく。



■ 優秀主審賞

    上川 徹(SR)


■ 優秀副審賞

    廣嶋 禎数




 両者ともW杯での活躍が記憶に新しいが、W杯の3位決定戦を担当し、しかも
そこで質の高いジャッジを見せたことが、日本のサッカー審判界において持つ意
味は極めて大きいといえよう。

 上川徹(SR)については、W杯選考会への参加等により、Jリーグへの降臨回
数は例年に比べて少なかったものの、W杯主審にふさわしい安定したジャッジ
を見せたように思う。2003年に次いで2回目の受賞。

 一方、廣嶋禎数はこの優秀副審賞を、1995、1996、1997、2000、2003年
に次いで何と6回目の受賞。上川徹(SR)ですら優秀主審賞を2回しか受賞して
いないことを踏まえれば、いかに大変なことかがわかる。素人目には副審のジャ
ッジの優劣を比較することはなかなか難しいが、W杯では上川徹(SR)とともに、
的確なジャッジで好ゲームを演出したように思う。






 これ以外の詳細はJリーグの公式HPを参照してほしい。


 → Jリーグ公式HP

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/12/19(火) 15:36:22|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

そういえば昨夜の「スーパーサッカー」で・・・

 昨夜、TBSの「スーパーサッカー」で、佐藤寿人が今シーズンを振り返って、試
合(←たぶんセレッソ戦)開始直後にゴールを決めたときに、審判と「(試合開始
からゴールまでの)最短記録じゃないの?」といった話をしたというエピソードを
紹介していた。


 が、その審判が上川徹(SR)であることには触れられていなかったので、ここ
で補足しておく。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/12/17(日) 14:36:43|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

天皇杯(5回戦の残り1試合)の結果

 昨日は天皇杯5回戦の残り1試合が行われた。



天皇杯の結果■■


浦和レッズ 3-0 アビスパ福岡
   主審:砂川 恵一


 延長までもつれ込んだが、最後はレッズが立て続けにゴールを奪い、勝ちあ
がった。これでベスト8が出揃ったことになる。

 ちなみに、砂川恵一については、年鑑などの顔写真を見た限りでは温厚な印
象があったが、昨日の中継では、意外とワイルドな感じだった。

 残るは準々決勝4、準決勝2、決勝1の計7試合。

 審判についてもどのような配員がなされるか興味深い。

 もちろん、上川徹(SR)もどこかへ降臨することが期待される。

 というわけで、準決勝、決勝は観戦に行こうと思う。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/12/17(日) 14:21:51|
  2. 試合結果
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2006年Jリーグ総括【その2】

 昨日に続いて、今季の総括を。

 今日は降臨地について。



《 上川徹(SR)降臨地 》


3月11日   埼玉スタジアム2002
4月 1日   日本平スタジアム
4月12日   県立カシマサッカースタジアム       【ナビスコ】
4月15日   味の素スタジアム
4月22日   広島ビッグアーチ
4月26日   東平尾公園博多の森球技場         【ナビスコ】   
5月 3日   豊田スタジアム
5月 6日   九州石油ドーム
5月14日   さいたま市浦和駒場スタジアム       【ナビスコ】
7月26日   等々力陸上競技場
8月23日   ユアテックスタジアム仙台          【J2】
8月26日   山梨県小瀬スポーツ公園陸上競技場
8月30日   日本平スタジアム
9月16日   大阪長居スタジアム
9月30日   味の素スタジアム
10月 7日   山梨県小瀬スポーツ公園陸上競技場
10月14日   万博記念競技場
10月21日   札幌ドーム                   【J2】
10月28日   山梨県小瀬スポーツ公園陸上競技場
11月 3日   国立競技場                   【ナビスコ】
12月 2日   埼玉スタジアム2002



 これ以外にも、ロシアのウラジオストックや、クウェート、あるいは中国の上海
などにも降臨している。もちろんW杯では、ゲルゼンキルヘンのFIFAワールドカ
ップスタジアム、ニュルンベルクのフランケンシュタディオン、シュツットガルトの
ゴットリープ・ダイムラー・シュタディオンにも降臨していることは言うまでもない。

 無意識に書いていると、ついついW杯について思い出してしまうが、それはさて
おき、Jリーグでの降臨地を眺めるとどんな感じだろうか。

 ヴァンフォーレのホームの小瀬スポーツ公園陸上競技場には、W杯後だけで
3回降臨しているので、後半に頻繁に観戦したヴァンフォーレファンは、上川徹
(SR)の降臨によく立ち会ったという印象があるかもしれない。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/12/16(土) 19:04:31|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2006年Jリーグ総括

 2006年のJリーグも終わったことだし、いくつか総括をしておくことにする。



 まずは、本年度の降臨試合を一覧しておくと、チェック漏れがなければ、以下
の21試合。



《 上川徹(SR)降臨試合 》


3月11日         浦和レッズ 3-1 ジュビロ磐田
4月 1日      清水エスパルス 2-3 ガンバ大阪
4月12日     鹿島アントラーズ 3-1 川崎フロンターレ     【ナビスコ】
4月15日           FC東京 2-3 ジェフユナイテッド千葉
4月22日    サンフレッチェ広島 1-1 セレッソ大阪
4月26日        アビスパ福岡 1-3 浦和レッズ         【ナビスコ】
5月 3日 名古屋グランパスエイト 1-1 横浜F・マリノス
5月 6日       大分トリニータ 2-1 京都パープルサンガ
5月14日   大宮アルディージャ 1-0 ヴァンフォーレ甲府   【ナビスコ】
7月26日     川崎フロンターレ 3-2 ガンバ大阪
8月23日       ベガルタ仙台 1-1 横浜FC          【J2】
8月26日   ヴァンフォーレ甲府 1-1 ジュビロ磐田
8月30日     清水エスパルス 1-0 京都パープルサンガ
9月16日       セレッソ大阪 3-2 ジェフユナイテッド千葉
9月30日          FC東京 1-4 アルビレックス新潟
10月 7日   ヴァンフォーレ甲府 1-0 サンフレッチェ広島
10月14日        ガンバ大阪 1-1 横浜F・マリノス
10月21日     コンサドーレ札幌 1-4 ヴィッセル神戸      【J2】
10月28日   ヴァンフォーレ甲府 0-1 セレッソ大阪
11月 3日     鹿島アントラーズ 0-2 ジェフユナイテッド千葉 【ナビスコ】
12月 2日         浦和レッズ 3-2 ガンバ大阪


 【ナビスコ】【J2】の記載がない試合は、J1のリーグ戦。

 W杯審判員の選考会への参加や、ロシアリーグへの降臨など、本年度はい
ろいろなことがあったので、降臨試合は少なめ。参考までに、同世代で、ともに
SRの吉田寿光(SR)、柏原丈二(SR)はそれぞれ36試合、33試合担当している
(ただし、チェックミスがなければ)。


 このうち、J2の2試合と、位置づけが特殊なナビスコカップの決勝を除いた18
試合について、チームごとの降臨回数をまとまると、以下のようになる。(記載
順は順位による。)


  レッズ        3
  フロンターレ    2
  ガンバ        4
  エスパルス     2
  ジュビロ       2
  アントラーズ    1
  グランパス     1
  トリニータ      1
  F・マリノス     2
  サンフレッチェ   2
  ジェフ        2
  アルディージャ  1
  FC東京       2
  アルビレックス   1
  ヴァンフォーレ   4
  アビスパ       1
  セレッソ       3
  サンガ        2


 これを見た限りでは、明確な傾向はない。あえて言えば、上位、下位のチーム
絡みの試合への降臨が多いかもしれない。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/12/15(金) 19:40:53|
  2. 試合結果
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

インタビューをひとつ

 またGOOGLEで「片・・・」ではなく「上川徹」で検索していたら、CANONのホー
ムページで、サッカー関係者のインタビューがいくつか掲載されているなかに、
上川徹(SR)のインタビューがあるのを発見した。


 → ここにも降臨!


 短いが、それなりに興味深い内容になっているように思う。


 ちなみに、CANONのプリンターを持っているそうだ。こう書いて、全国の上川
ァンがCANONの製品を購入したら、このブログはCANONから表彰されるかもし
れませんな。筆者はEPSONのプリンタを使っているが、それが壊れたら(だいぶ
先のことだと思うが)、次はCANONもいいかなと思わなくもない。

 もっともその頃には上川家のプリンターがリコーとか、別の会社の製品に買い
換えられているかもしれないがな。

 他にも何人かサッカー関係者のインタビューがあるが、個人的には木村和司
がツボだったりする。(上記ページからリンクあり。)

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/12/12(火) 18:00:10|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

天皇杯(5回戦)の結果

 この週末には天皇杯(5回戦)の7試合が行われた。残り1試合は12月16日。



天皇杯(5回戦)の結果■■



大宮アルディージャ 0-1 ジュビロ磐田
       主審:前田 拓哉

 鹿島アントラーズ 2-1 名古屋グランパスエイト
       主審:松尾 一

  清水エスパルス 3-2 FC東京
       主審:穴沢 努

    ガンバ大阪 4-2 サンフレッチェ広島
       主審:奥谷 彰男

  大分トリニ-タ 1-1 横浜 F・マリノス
          PK:4-2
       主審:山西 博文

 川崎フロンターレ 2-5 ヴァンフォーレ甲府
       主審:村上 伸次

 コンサドーレ札幌 2-2 アルビレックス新潟
           PK:8-7
       主審:東城 穣




 天皇杯はまだ準々決勝、準決勝、決勝とあるわけだが、試合数でいえば7
試合しかない(5回戦の残り1試合を加えても8試合)。

 この8試合をJ1主審が分担することになるので、上川徹(SR)の降臨も、せ
いぜいあと1回ということになるのかもしれない。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/12/11(月) 13:17:38|
  2. 試合結果
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

J1・J2入れ替え戦(2ndレグ)

 リーグ戦は終わったが、昨日は天皇杯5回戦もあったし、J1・J2入れ替え戦もあ
った。サッカーシーンはまだまだ熱い。そういえば今日からクラブ・ワールド杯もあ
るし。

 まずは、入れ替え戦の結果から。


入れ替え戦の結果■■


アビスパ福岡 1-1 ヴィッセル神戸
    主審:西村 雄一(SR)



 1stレグはスコアレス・ドローだったが、この試合は1-1となり、アウェイゴール数
の差により、ヴィッセルがJ1昇格を果たした。

 主審には1stレグに続いてSRが指名され、具体的には西村雄一(SR)だったが、
個々の判定基準はさておくとして、全体として粘り強いジャッジをするような印象が
あるので、こうした試合には適しているような気もする。ちなみに副審のうち1人は
W杯でも副審を務めた廣嶋禎数だった。

 さらに付け加えると、第4審判は吉田寿光(SR)だった。1stレグは主審=柏原丈
二(SR)、副審4審=岡田正義(SR)という布陣だったが、ここもまた豪華布陣とな
った。

 つまり、柏原丈二(SR)は岡田正義(SR)に、西村雄一(SR)は吉田寿光(SR)に
見られながらジャッジをしたわけだが、先輩に見られながらジャッジをする気持ち
はどんなものかと、思ったりもする。もっとも、試合が始まれば自分のジャッジに
集中するのだとは思うが。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/12/10(日) 13:05:38|
  2. 試合結果
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

意外なところで発見

 リーグ戦も終わって書くネタも枯れ気味なので、何か話題はないものかと、「
川徹
(SR)」、ではなく「上川徹」でインターネット検索していたら、意外なところで
見つけた。

 ちなみにレッズ-ガンバの中継では、審判団の紹介の際に、主審については、
上川徹(SR)」と表示されていたが、第4審判については「西村雄一」と表示され
るのみで、「(SR)」はついていなかった。制作サイドのミスなのか、SRでも、第4
審判に入った場合はつけないという内規があるからなのかはは不明。もっとも、
制作サイドが審判紹介の画面をつくるのに、どれだけこだわりを持っているかは
わからないがな。



 話が大幅に脇道にそれたが、意外なところで見つけたというのはこれ。

【注意1】 PDFファイルを読めるソフトがインストールされている必要がある。
【注意2】 いきなり降臨するので、心の準備をしてからクリック!



 → 上川降臨!





 TOEIC(有名な英語のテスト)を管轄する機構の広報誌で、国際的な活躍をし
たことによる人選だろう。

 W杯などの国際試合でのジャッジについて、選手とのコミュニケーションとい
う点から振り返られており、インタビューとしても興味深い。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/12/08(金) 14:03:33|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

J1・J2入れ替え戦

 昨夜はJ1・J2入れ替え戦の1stレグが行われた。




入れ替え戦の結果■■


ヴィッセル神戸 0-0 アビスパ福岡
     主審:柏原 丈二(SR)



 両チームの運命を大きく左右する重要な試合だけに、SRが主審に指名された。

 ヴィッセルとしてはホームで勝ちたかったところだが、大黒柱の三浦淳宏が、
J2最終節で2枚で退場となったことにより出場停止で、そのためもあってか、攻
め手を欠く格好となった。


 2ndレグは最終的に両チームの運命を決める試合となるが、その試合を裁く審
判にも注目したい。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/12/07(木) 09:05:58|
  2. 試合結果
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

第34節:Bridge Over Troubled Water

 この土曜には、今季最終節となるJ1第34節の9試合が行われ、優勝チーム、お
よび降格チーム、入替戦出場チームが確定した。J2でも昇格チーム、入替戦出
場チームが確定し、W杯イヤーのリーグ戦が締め括られた。



第34節の結果■■


   鹿島アントラーズ 3-0 ジュビロ磐田
         主審:穴沢 努

ジェフユナイテッド千葉 0-2 横浜F・マリノス
         主審:柏原 丈二(SR)

     セレッソ大阪 1-3 川崎フロンターレ
         主審:片山 義継

    清水エスパルス 3-0 サンフレッチェ広島
         主審:長田 和久

  京都パープルサンガ 0-1 名古屋グランパスエイト
         主審:村上 伸次

     アビスパ福岡 1-1 ヴァンフォーレ甲府
         主審:松村 和彦

    大分トリニータ 0-1 FC東京
         主審:松尾 一

  アルビレックス新潟 1-2 大宮アルディージャ
         主審:奥谷 彰男

      浦和レッズ 3-2 ガンバ大阪
         主審:上川 徹(SR)


 この節ではいうまでもなく、優勝争い&降格争いの試合を担当する審判の責任
が重大ということになる。

 降格争いでは、無条件の降格か、入替戦への出場かを争っていたアビスパ、セ
レッソ絡みの試合がポイントとなるが、アビスパ-ヴァンフォーレは松村和彦、セ
レッソ-フロンターレは片山義継と、担当した試合が荒れない印象のある両ベテ
ラン審判が配置された。選手と十分な対話をすることができ、流れを落ち着かせ
ることができる審判が、ともすれば荒れがちなシチュエーションの試合の主審に
指名されたということだろう。2人ともふだんはが少ない審判として知られている
が、さすがに今節はともに5枚と、(この2人にしては)多めだった。

 そして、最注目のレッズ-ガンバには上川徹(SR)が降臨した。この試合の重要
性、注目度を考えれば、妥当な人選だろう。しかも、第4審判は西村雄一(SR)で
あり、何とも豪華な布陣だった。

 結果的に、この試合では、上川徹(SR)が目立つシーンはほとんどなかった。テ
レビカメラがあまり映さなかったため、判断できないという面もあろうが、主審をじ
っくり映さなければならないようなシーンがなかったということも確かだろう。

 とはいえ、の枚数は8枚と、最近の上川徹(SR)のの少なさからすると意外
なほどの多さだった。この試合の結果次第で優勝チームが決まるという試合では、
やはり、随所に激しさが見られたということだろう。出すべきを出さないことで
の枚数が少なくなることには価値はなく、やはりが妥当なプレーには、ちゃんと
出されるべきで、この試合では、そうしたプレーに応じてが出されていたように
感じたが、どうだろう。もちろん、が必要なプレーが出てこないように試合全体
の流れをコントロールすることがさらに望ましいのかもしれないが、タイトルのか
かった試合では、さすがにそこまで臨むのは酷というものだろう。この試合のコン
トロールについては、十分合格点に達していたように思う。

 前半のうちに両チームの中盤の心臓ともいうべき鈴木啓太と橋本英郎がをも
らったときには、両選手のプレーの激しさも踏まえ、試合の流れ次第では後半に
2枚目があるかもしれないかなと思ったが、(橋本英郎は遠藤保仁と途中交代した
こともあるが、)2枚目を受けることはなかった。枚数は多いが、2枚受ける選手は
いないという結果は、ひょっとすると、ジャッジの基準が明確であり、かつ、選手の
メンタル面のコントロールができていることの表れなのかもしれない。選手がよほ
ど悪質なプレーをしたのなら話は別だが、そうでなければ、やはり短時間に2枚連
続でが出されるのは試合をコントロールする努力が不足しているという印象を持
たれても仕方がないように思う。(今の上川徹(SR)はこの点については問題ない
と思うが。)



 ちなみに、この試合で橋本英郎もそうだが、以前にも書いたように、筆者の注目
する選手はが多いような・・・。鈴木規郎は2枚で退場になっているし。もっと
もこれは余談。



 なお、上川徹(SR)が優勝争いの大一番の、しかも地上波で生中継される試合
に降臨したということで、本来であれば、別途写真つきのレポートを書きたいとこ
ろだが、如何せん試合そのものへの注目度が高すぎたためか、審判が画面に映
るシーンはごく少なかった(入場シーンですらほとんど映っていなかったような気
が・・・)。なので、紹介するだけの素材がないというのが正直なところ。さてどうし
ようか。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/12/05(火) 18:06:02|
  2. 試合結果
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

明日

 ちょっと予定が立て込んでしまったので、最終節について書くのは明日に
延期ということで・・・。(コメントへのお返事も。)

 しかし、これからの時期はリーグ戦がないので、書くネタに困るんだろう
な・・・。
  1. 2006/12/04(月) 14:33:50|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

速報:いよいよ最終節!

 泣いても笑っても今季最終節。全試合が14時から行われる。

 審判が運命を左右することがないよう、期待したい。


 さっそく主審を速報。



 カシマのアントラーズ-ジュビロは穴沢努。


 そして注目の、埼スタのレッズ-ガンバには・・・

上川徹(SR)が降臨!!

 両チームによる優勝争いとともに、W杯イヤーのJリーグを締めくくる大一番で
上川徹(SR)の勇姿を瞼のスクリーンに焼き付けるべし。


 フクアリのジェフ-F・マリノスは柏原丈二(SR)。

 新潟のアルビレックス-アルディージャは奥谷彰男。

 日本平のエスパルス-サンフレッチェは長田和久。

 西京極のサンガ-グランパスは村上伸次。

 長居第2のセレッソ-フロンターレには片山義継が見参。

 博多の森のアビスパ-ヴァンフォーレは松村和彦。

 九州石油ドームのトリニータ-FC東京は松尾一。



 興奮のクライマックスを!

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/12/02(土) 12:21:35|
  2. 速報・経過
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

プロフィール

 ミハイロビッチ♂

Author: ミハイロビッチ♂

●サッカーとプリンをこよなく愛する

●「ヒデ」といえば中田英寿ではなく橋本英郎

●ガンバの中盤は遠藤でも明神でもなく英郎が支えていると信じる

●だからといってガンバファンではなくグランパスファン

●しかし名古屋市民ではない(エビフライは好き☆)

●馬は逃げ馬に限る(タップダンス♪タップダンス♪)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

Link

Ranking

Others

  • 管理者ページ
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。