上川タイム

日本サッカー界を代表する審判であるとともに、厳格なジャッジでも知られる上川徹氏を、暖かい眼(?)で見守るブログ♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

天皇杯(準決勝)の結果

 一昨日は天皇杯の準決勝が行われた。



天皇杯(準決勝)の結果■■

   ガンバ大阪 1-3 サンフレッチェ広島
       主審:家本 政明(SR)

川崎フロンターレ 0-1 鹿島アントラーズ
       主審:東城 穣




 筆者はエコパに遠征。今年のサッカー納めをしてきた。

 年の瀬であわただしいので、試合の感想等は省略。申し訳ない。

 皆様、よいお年を。
スポンサーサイト
  1. 2007/12/31(月) 18:20:39|
  2. 試合結果
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

AFCエリート審判員

 アジアサッカー連盟は、来年の「AFCエリート審判員」として、日本から最
多の22名を指名したとのこと。


 → 記事




 なお、審判員のリストはJFAのHPに記載されている通り。


 → JFAのHP

  1. 2007/12/28(金) 17:53:50|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天皇杯(準々決勝)の結果

 昨週末は天皇杯準々決勝の4試合が行われた。



天皇杯(準々決勝)の結果■■


   ガンバ大阪 1-0 清水エスパルス
      主審:西村 雄一(SR)

    FC東京 0-2 サンフレッチェ広島
      主審:松村 和彦

    愛媛FC 0-2 川崎フロンターレ
      主審:高山 啓義

鹿島アントラーズ 1-0 Honda FC
      主審:松尾 一




 愛媛FC、Honda FCの快進撃もさすがにここまでで、4強に残ったのは
すべてJ1勢ということになった。

 これで残るは準決勝、決勝の合計3試合のみ。


 準々決勝は西村雄一(SR)、松村和彦、高山啓義、松尾一の4主審が
担当したわけだが、例年、準々決勝以上はすべて別の主審が担当し、重
複はないはずなので、準決勝、決勝は、上記以外の主審が担当すること
になるだろう。


 ちなみに昨年は、準決勝(国立)=上川徹(SR)、準決勝(エコパ)=松
村和彦、決勝=西村雄一(SR)だった。



 これを踏まえて、今年の準決勝、決勝の担当主審を予想すると、


準決勝(国立)  =岡田正義(SR) : 優秀主審賞受賞者である点が昨
                        年の上川徹(SR)と同じ。
準決勝(エコパ) =吉田寿光(SR) : 安定したパフォーマンスが昨年の
                        松村和彦を思わせる。ナビスコ決勝
                        担当は高評価の表れ。
決勝        =扇谷健司(SR) : 昨年の西村雄一(SR)に続き若手
                        国際主審を抜擢か。


という感じだろうか。



 よく言われるように、「予想」は逆から読むと「ウソよ」なので(井崎脩五郎
のような言い草だ・・・)、あたらないことが前提。
  1. 2007/12/25(火) 15:25:25|
  2. 試合結果
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

チーム西村、アフリカカップへ

 師走という表現にも表れているように、この時期はなかなか慌しい。

 心に余裕を持ちたいところだし、(天皇杯などの)サッカー観戦の時間も
つくりたいところだが、どうだろう。



 とりあえず、ニュースをひとつ。


 2008年1月20日から2月10日までガーナで行われる「アフリカネーショ
ンズカップ ガーナ2008」の大会審判員に、西村雄一(SR)と相樂亨の両氏
が指名された。


 → 参考情報(JFAの公式HP)



 W杯につながる活躍を期待したい。
  1. 2007/12/23(日) 19:32:19|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2007 J.LEAGUE AWARDS

 昨日は“2007 J.LEAGUE AWARDS”が行われた。


 全てを紹介する余裕はないので、主要部門のみ挙げておく。



    優秀主審賞   岡田 正義(SR)

    優秀副審賞   相樂 亨


なお、岡田正義(SR)は1997年、2002年に続く3回目の受賞となる。



 それ以外の部門については以下のJリーグHPで。


  JリーグHP
  1. 2007/12/18(火) 12:33:08|
  2. 試合結果
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

天皇杯(5回戦の残り1試合)の結果

 今日は、入れ替え戦の関係で残っていた、天皇杯5回戦の残り1試
合が行われた。



天皇杯(5回戦)の結果■■


サンフレッチェ広島 2-0 ジュビロ磐田
        主審:小川 直仁



 残念ながらJ2降格が決まってしまったサンフレッチェだが、ここは
意地は見せた。


 これで8強が決まったが、決勝までの試合数は7試合。例年通り
なら、主審の重複はないはずなので、登場する主審も7人。

 どのような配員になるのか楽しみだ。
  1. 2007/12/15(土) 18:12:25|
  2. 試合結果
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

天皇杯(5回戦)の結果

 入れ替え戦やクラブワールドカップも開催されていて話題に事欠かないが、
この週末には、天皇杯(5回戦)も行われた。




天皇杯(5回戦)の結果■■


   ガンバ大阪 3-1 大分トリニータ
      主審:穴沢 努

 清水エスパルス 5-3 横浜F・マリノス
      主審:柏原 丈二(SR)

   サガン鳥栖 1-2 FC東京
      主審:吉田 寿光(SR)

    愛媛FC 2-1 横浜FC
      主審:村上 伸次

 ヴィッセル神戸 0-3 川崎フロンターレ
      主審:田辺 宏司

鹿島アントラーズ 2-1 ヴァンフォーレ甲府
      主審:前田 拓哉

   Honda FC 2-0 名古屋グランパスエイト
      主審:岡田 正義(SR)




 いよいよ今週末はクラブワールドカップの決勝に遠征。


     tichket_toyota.jpg



 舞台も大きいが、チケットも大きい・・・。
  1. 2007/12/11(火) 20:14:38|
  2. 試合結果
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

J1・J2入れ替え戦(第2戦)の結果

 クラブワールドカップの入場シーンを目にするたびに、高山啓義の雄姿を目
にすることができるわけだが(さすがに明日の試合では4審を担当することは
ないと思うが)、それはさておき、昨日はJ1・J2入れ替え戦の2ndレグが行
われた。



J1・J2入れ替え戦の結果■■


サンフレッチェ広島 0-0 京都サンガ
        主審:西村 雄一(SR)



 この大事な試合の主審を担当したのは、いまやアジアでトップレベルの主
審に成長したといってよい西村雄一(SR)。特に、粘り強いジャッジには定評
がある(と思われる)だけに、こうした運命の大一番にはうってつけといえる。

 結果的にスコアレス・ドローとなった、1点を争う緊迫した試合だったためか、
FKはそれぞれ25、23とやや多めだったが、は合計5枚と、最小限に抑えら
れているように感じた。


 この試合で、サンガのJ1昇格とサンフレッチェのJ2降格が決まった。戦力
的には悪くないだけに、今季のサンフレッチェの結果は残念だが、Jリーグ元
年から存在感を示してきたチームだけに、また、必ず戻ってきてもらいたい。
  1. 2007/12/09(日) 19:27:01|
  2. 試合結果
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

今週の天皇杯

 今季はたくさんの試合を現地観戦したので満足度は高いが、週末が近
づくと観戦に行きたくなってくるから不思議だ。


 入れ替え戦も観戦したいが、遠いので、やはり天皇杯だろうか。



 それはさておき、来週あたり、今季の観戦試合の総括をしてみたい。


 ちなみに今季のチケットは以下のとおり↓

     ticket.jpg
  1. 2007/12/07(金) 16:17:21|
  2. 試合結果
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

J1・J2入れ替え戦の結果

 昨夜はJ1・J2入れ替え戦(1stレグ)が行われた。



J1・J2入れ替え戦の結果■■


京都サンガ 2-1 サンフレッチェ広島
    主審:岡田 正義(SR)



 6人いるSRの中で最もベテランの岡田正義(SR)が主審を担当。

 両チームの運命を決める重要な試合ということになるが、FKが35、も4(各
チーム2枚)と少なく、両チームが10本を超えるシュートを放った1戦は、緊迫感
ある勝負だったと言ってよいのではないか。


 終了間際にアウェイのサンフレッチェが1点返して2-1となったわけだが、いう
までもなくこの1点は大きい。後から考えると、これが入れ替え戦の帰趨に影響
を与える大きな1点だったということになるのかもしれない。


 いずれにせよ、土曜日の2ndレグは本当に重要な1戦となる。
  1. 2007/12/06(木) 18:18:34|
  2. 試合結果
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

速報:J1・J2入れ替え戦

 今夜はJ1・J2入れ替え戦の1stレグが行われる。



 その主審は岡田正義(SR)。


 ベテランSRが運命の1戦を裁く。
  1. 2007/12/05(水) 18:45:06|
  2. 速報・経過
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

最終節、フクアリの様子の補足

 今夜は入れ替え戦が行われる。

 ここで来年の運命が決まるチームがあり、選手がいるわけだから、ある
意味では、年間を通して最も重要な試合のうちのひとつともいえる。

 19時開始なので、相当の寒さが予想されるが、試合内容は熱いものに
なるに違いない。

 まだ担当主審はわからないが(わかったら速報を書こうと思う)、両チー
ムの運命を分ける1戦だけに、フェアな試合になるようなジャッジを期待し
たい。



 これだけ書いて終わるのも何なので、最終節のフクアリの様子の補足
を。

 前の記事では、2階スタンドから撮影した写真を掲げたが、1階最前列
からの写真も載せておく。


 下見中の審判団↓

     fuku20071201_20.jpg



 入念にチェックをする鍋島將起の様子↓

     fuku20071201_21.jpg




 若い主審なので、来年は更なる飛躍を期待したい。
  1. 2007/12/05(水) 14:53:07|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

最終節:兵どもが夢の跡

 いよいよ今季のJ1も最終節を迎えた。



第34節(最終節)の結果■■


   鹿島アントラーズ 3-0 清水エスパルス
         主審:西村 雄一(SR)

     ジュビロ磐田 4-0 柏レイソル
         主審:穴沢 努

  サンフレッチェ広島 2-2 ガンバ大阪
         主審:柏原 丈二(SR)

  ヴァンフォーレ甲府 0-1 FC東京
         主審:岡田 正義(SR)

  大宮アルディージャ 1-1 川崎フロンターレ
         主審:扇谷 健司(SR)

    ヴィッセル神戸 0-0 横浜F・マリノス
         主審:村上 伸次

  アルビレックス新潟 0-2 大分トリニータ
         主審:奥谷 彰男

ジェフユナイテッド千葉 0-2 名古屋グランパスエイト
         主審:鍋島 將起

       横浜FC 1-0 浦和レッズ
         主審:吉田 寿光(SR)




 今季は、全節現地観戦を目標に掲げてきたが、いよいよ最終節。

 最終節はフクアリに遠征することにした。


 第1節に味スタで穴沢努に遭遇し、今年も変わらず「穴沢男」であることを証
明して以来、ずいぶんと時間がたったが、何とか最終節まで完走することが
できた。感無量だ。

 ひとつひとつ挙げるのは控えるが、熱戦も多かった。




 それはさておき、この日のフクアリの様子↓ ちなみに開門直後。

     fuku20071201.jpg

 最終節ということもあってか、開門前の列はいつもより少し長いような気が
した。



 そして、いつもながらの、審判団の下見の様子。

 試合開始1時間30分前にピッチに入ってきたところ↓

     fuku20071201_2.jpg



 ピッチの周囲を反時計回りに歩き始める↓

     fuku20071201_3.jpg






 最終節なので、下見の様子についても詳細に書いておく。


 ペナルティ・エリアをチェック↓

     fuku20071201_4.jpg


     fuku20071201_5.jpg



 ゴールネットもしっかりチェックしている。

     fuku20071201_6.jpg


 
     fuku20071201_7.jpg




 よく見ると、ゴールポストもしっかりとチェックしているようだ。

     fuku20071201_8.jpg




 こちら側のチェックは終了。再び半時計回りに歩き始める。

     fuku20071201_9.jpg



 あとは同様なので省略。



 
 試合開始直前の様子↓

     fuku20071201_10.jpg



 最近は、どこの会場も、盛り上げ方がうまい。



 ところで、この試合の主審は鍋島將起だった。最年少のJ1主審なので、来
季を展望しつつ、今季最終節を観戦するという意味では、適任の主審だったの
かもしれない。序盤、試合の展開が落ち着かないうちは、やや安定感が欠ける
ような印象があったが、徐々にジャッジは安定感を増していったように思う。

 ところで、審判の割当てがいつごろ(=試合のどれくらい前に)行われるのか
わからないので何ともいえない面もあるが、優勝を争う、ないしは、降格を争う
可能性があったカードには、全てSRがアポイントされている。



 試合終了後↓

    fuku20071201_11.jpg




 今季、J1主審全員との遭遇が果たせなかったことだけが残念だが、片山義
継、前田拓哉、佐藤隆治以外の全主審と遭遇することができ、その中には、
後期のみJ1主審の小川直仁や、前期のみの長田和久(しかも最後の試合)、
さらには期限付きで来日したニコライ・フォルクアーツも含まれている。全体と
しては出来過ぎといってもよいのかもしれない。




 来季、どのような観戦方針でいくのかまだ決めていないが、今年以上によ
いシーズンであってほしいと思う。

  1. 2007/12/03(月) 18:06:08|
  2. 試合結果
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

 ミハイロビッチ♂

Author: ミハイロビッチ♂

●サッカーとプリンをこよなく愛する

●「ヒデ」といえば中田英寿ではなく橋本英郎

●ガンバの中盤は遠藤でも明神でもなく英郎が支えていると信じる

●だからといってガンバファンではなくグランパスファン

●しかし名古屋市民ではない(エビフライは好き☆)

●馬は逃げ馬に限る(タップダンス♪タップダンス♪)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

Link

Ranking

Others

  • 管理者ページ
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。