上川タイム

日本サッカー界を代表する審判であるとともに、厳格なジャッジでも知られる上川徹氏を、暖かい眼(?)で見守るブログ♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第27節:いつか来た道

 去る週末はJ1第27節が行われた。

 優勝争い、降格争い、ともに予断を許さない状況だ。

 少し遅れたが結果を。




第27節の結果■■


    大分トリニータ 0-0 柏レイソル 
         主審:扇谷 健司(PR)

      ガンバ大阪 2-1 川崎フロンターレ 
         主審:吉田 寿光(PR)

       FC東京 3-2 ジュビロ磐田 
         主審:松尾 一(PR)

   鹿島アントラーズ 1-4 名古屋グランパス 
         主審:高山 啓義

      京都サンガ 1-3 大宮アルディージャ 
         主審:廣瀬 格

ジェフユナイテッド千葉 1-2 モンテディオ山形 
         主審:柏原 丈二(PR)

  サンフレッチェ広島 1-2 アルビレックス新潟 
         主審:佐藤 隆治(PR)

    清水エスパルス 1-0 ヴィッセル神戸 
         主審:飯田 淳平

      浦和レッズ 1-2 横浜F・マリノス
         主審:岡田 正義(PR)




 筆者は、昨年の8月23日以来のカシマスタジアムへ。


 鹿島神宮から臨海鉄道に乗り換えてしばらく行くと、右手に突然
スタジアムが見えてくる。

 一度は訪れるとよい場所だろう。



 駅を出ると、昨年見たのと同じ光景↓
 (当たり前だが・・・)

     kashima20090926.jpg


 会場の様子↓

     kashima20090926_2.jpg

 今年はピッチの状態が良い。



 主審は高山啓義だった。副審とのコンビネーションが今ひとつの
場面もあったが、全体としてはまずまずのジャッジだったのではな
いかと思う。
スポンサーサイト
  1. 2009/09/29(火) 12:17:43|
  2. 試合結果
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第26節:メモリアル

 この週末はJ1第26節が行われた。



第26節の結果■■


アルビレックス新潟 0-0 大分トリニータ
       主審:家本 政明(PR)

   ジュビロ磐田 3-0 京都サンガ
       主審:山西 博文

 横浜F・マリノス 2-1 鹿島アントラーズ
       主審:松尾 一(PR)

     FC東京 0-0 ガンバ大阪
       主審:奥谷 彰男

大宮アルディージャ 0-2 名古屋グランパス
       主審:穴沢 努

 川崎フロンターレ 0-2 浦和レッズ
       主審:村上 伸次

 モンテディオ山形 0-1 清水エスパルス
       主審:東城 穣(PR)

    柏レイソル 1-1 サンフレッチェ広島
       主審:鍋島 將起

  ヴィッセル神戸 2-2 ジェフユナイテッド千葉
       主審:扇谷 健司(PR)



 筆者はNACK5に遠征。

 向かう途中は曇天だったが、徐々に雲も晴れた。暑くなく、まだ
寒いということもない、サッカー観戦には適した気候だ。


 会場の様子↓

     nackfive20090919.jpg


 少し時間が経過した頃の様子↓

     nackfive20090919_2.jpg


 この日の主審は穴沢努だった。

 試合前には、先日達成したJ1主審100試合達成の記念セレモ
ニーが行われた。試合直前ということで、花束が贈呈される程度
のささやかな催しとなるのは当然だが、「穴沢主審、おめでとうご
ざいます!!」と(通常のこうしたセレモニーに比べて)大声でア
ナウンスされるなど、なかなか力が入っていた。

 最近遭遇することが少ないが、こうしたセレモニーに遭遇できる
のは、筆者がいまだに「穴沢男」としての運気を持っているからな
のかもしれない。今後も遭遇がありそうだ。

 ジャッジは、流しすぎの前半と吹きすぎの後半という、前後半で
の基準の齟齬があるようにも感じられたが、まだまだこれからも
審判道を精進していってもらえるものと期待している。
  1. 2009/09/21(月) 18:30:35|
  2. 試合結果
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

第25節:転ばぬ先の杖

 話題のアントラーズ-フロンターレに関する扱いも決定されたので
第25節の結果について書いておく。



第25節の結果■■


    清水エスパルス 1-0 大宮アルディージャ
         主審:佐藤 隆治(PR)

      京都サンガ 2-1 FC東京
         主審:飯田 淳平

ジェフユナイテッド千葉 0-1 アルビレックス新潟
         主審:村上 伸次(PR)

  サンフレッチェ広島 3-2 横浜F・マリノス
         主審:東城 穣(PR)

   名古屋グランパス 2-3 柏レイソル
         主審:西村 雄一(PR)

      ガンバ大阪 3-2 ヴィッセル神戸
         主審:柏原 丈二(PR)

      浦和レッズ 4-1 モンテディオ山形
         主審:松村 和彦

    大分トリニータ 2-1 ジュビロ磐田
         主審:吉田 寿光(PR)

   鹿島アントラーズ 中止 川崎フロンターレ
         主審:岡田 正義(PR)



 その、アントラーズ-フロンターレの豪雨による中止については
様々な評価があり得よう。

 ピッチ上でのジャッジとは、また違った意味で難しいジャッジを
下す瞬間があったといえる。もっとも、「ジャッジを下す瞬間」とい
っても、岡田正義(PR)がひとりで決めたわけではなく、マッチコ
ミッショナーや両球団関係者と協議して決めたわけだが。


ジャッジをくだす瞬間ジャッジをくだす瞬間
(2000/07)
岡田 正義

商品詳細を見る



 こうした判断において、完全にフェアとか、完全にアンフェアとい
った、単純な選択肢はあり得ない。現実問題として、現場で選択
し得たのは、①どのような状況でも続行、②中止、③両者を折衷
して、雨が小降りになるのを待って再開、の3通りだろう。

 ①を採択した場合には選手が大ケガをする可能性が高いと判
断したからこそ、①を選択しないわけで、リスクマネジメントとして
は一定の合理性はある。世界的にみて、天候がどうであろうと試
合を続行するのがサッカーだという意見もあろうし、世界的な慣
例は判断基準のひとつとはなり得るが、「慣例になっている」とい
うことと、「正しい」ということは、同値ではない。

 ③については一見よさそうな気がするが、カシマスタジアムの
ナイトゲームであることを踏まえれば、仮に1時間~1時間半ほど
試合終了時刻が遅れれば、帰宅できない観戦者(特にアウェイ
側)が続出するだろうから、試合全体の運営に与るマッチコミッシ
ョナーや、アウェイ側の球団関係者としては、試合終了時刻があ
まり遅くなることは避けざるを得ないだろう。

 中止がベストの選択かどうかを判断することは容易ではない
が、当時、現場における現実的な選択肢を吟味すれば、それほ
ど悪くない選択であったとはいえるだろう。
  1. 2009/09/16(水) 11:10:30|
  2. 試合結果
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ナビスコカップ(準決勝)の結果

 代表のオランダ戦の余韻が残るが、国内では、ナビスコカップ
の準決勝(2ndレグ)が行われた。



ナビスコカップ(準決勝)の結果■■


    FC東京 1-0 清水エスパルス
      主審:吉田 寿光(PR)

横浜F・マリノス 1-1 川崎フロンターレ
      主審:扇谷 健司(PR)



 F・マリノス-フロンターレは、荒れたわけではないが、退場者
が2人出て、まさにトーナメントの激しさといったところだろうが、
の判定は妥当だろう。

 FC東京-エスパルスは、深夜にフジ系で録画放送しており、
なぜか昨夜は眠れなかったので、うとうとしながら観戦。主審は
吉田寿光(PR)で、昨年まで2年連続で決勝の主審を務めてい
たが、今年は準決勝の担当ということになり、3年連続の決勝
担当はならなかった。が、さすがに安定したジャッジで(ただし、
後半は眠気が勝ってしまい、ほとんど覚えてない)、激しくなり
がちな2ndレグの試合を、なしにまとめ上げたのは立派。



 これで今年のナビスコカップも決勝を残すのみとなったが、
担当の審判に注目したいところだ。
  1. 2009/09/07(月) 18:40:07|
  2. 試合結果
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ナビスコカップ(準々決勝)の結果

 代表のオランダ遠征の話題に隠れがちだが、昨夜はナビスコカッ
プの準決勝(1stレグ)2試合が行われた。



ナビスコカップ(準々決勝)の結果■■


 清水エスパルス 2-2 FC東京
      主審:家本 政明(PR)

川崎フロンターレ 2-0 横浜F・マリノス
      主審:柏原 丈二(PR)



 決勝はワンマッチなので、準決勝と決勝で合計5試合。したがって、
ここから先に登場する主審も5人。どのような配員になるか注目だが、
昨日の2試合はPRの2人が担当した。

 週末の2試合の担当はいかに。
  1. 2009/09/03(木) 16:16:29|
  2. 試合結果
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

 ミハイロビッチ♂

Author: ミハイロビッチ♂

●サッカーとプリンをこよなく愛する

●「ヒデ」といえば中田英寿ではなく橋本英郎

●ガンバの中盤は遠藤でも明神でもなく英郎が支えていると信じる

●だからといってガンバファンではなくグランパスファン

●しかし名古屋市民ではない(エビフライは好き☆)

●馬は逃げ馬に限る(タップダンス♪タップダンス♪)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

Link

Ranking

Others

  • 管理者ページ
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。