FC2ブログ

上川タイム

日本サッカー界を代表する審判であるとともに、厳格なジャッジでも知られる上川徹氏を、暖かい眼(?)で見守るブログ♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゼロックス・スーパーカップの結果

 昨日はJリーグ開幕1週前の恒例といえるゼロックス・スーパーカップ
が行われた。



ゼロックス・スーパーカップの結果■■

鹿島アントラーズ 2-2 サンフレッチェ広島
        PK:3-4
      主審:家本 政明(SR)



 最近は、この試合を担当した主審が翌年元日の天皇杯決勝を担当
している、いわば「出世試合」だ。今年は家本政明(SR)が主審を務め
た。飛躍の年にしてほしい。



 報道ではこの試合について、「荒れた」とか「大荒れ」とか言われて
おり、「後味が悪い」などの評価も散見される。そして、これもお決ま
りといえるが、荒れた事実をすべて審判員のせいにする論調がほとん
どだ。

 本ブログは審判員の視点から書いているが、だからといって無批判に
審判側を擁護する気は毛頭ないし、実際、昨日の試合が荒れた原因に
審判員が無関係だったということもないと思う。しかし、まともに考える
こともせずに、すべての原因を審判に押し付ける論調に、著しい嫌悪感
を覚える。どこまでが審判のせいで、どこからは審判に帰することがで
きない要因なのか十分に考えなければ、真因の究明にはつながらない
し、ひいては日本全体のジャッジの向上にもつながらないだろう。

 そう考えて、あえて一文を草することにした。



 まず、アントラーズのゴール前でサンフレッチェにPKが与えられたシ
ーンについては、VTRで確認する限り、言われているように誤審である
可能性もあるように思う。誰が倒しているのかよくわからないし、倒さ
れた(倒れた?)久保竜彦が苦笑いしていたという証言も紹介されてい
た(ただしこの信憑性は怪しいが)。青木が倒したとされているが、そ
のように見るのは難しいかもしれない。ゴール前に多くの選手が密集し
ており、判別しづらかった可能性もあるが、もし誤審だとすれば、今後
はそれが起きないように、ポジショニングの更なる改善などを含めて、
精進してもらう他ないだろう。

 次に、最も議論を呼んでいる、PKのやり直しについて。

 まず、細かすぎるという批判があり得る。そして、当事者の曽ヶ端
のコメントは、その点を主張しているといえる。しかし、「細かいこと」
=「悪いこと」という等式は成立しない。細かいことと大雑把なことの
間に優劣関係はなく、ただ、多数のチームが長期間にわたって戦う
シーズンで、チーム間の平等を保つためには、各審判員の間で基
準が統一されている(同じ細かさ、ということ)ことが重要だが、それ
は個々の審判員にどうにかできることではなく、審判員全体を対象
とした研修などで確立していくべきことだ。ある1試合の中で主審が
すべきこととしては、細かいなら細かいなりに、大雑把なら大雑把な
りに、一貫性(時間、チーム間、個人間、等)を保つことだろう。家本
政明(SR)のPKに対する判定は、細かいなりに一定の基準で判断し
ていた(副審も堂々と判定していた)。どこに問題点を見出せばよい
のだろうか。

 フィールド上でのファウルについても付け加えておけば、概ねは、
同じような基準にのっとって判定されていたように感じる。が出さ
れたプレーは、ほとんどが危険極まりないファウルで、が妥当な
ものだった。

 PKに話を戻すと、結果的にアントラーズに不利になったということ
も言われている。そもそも事前の判定について考えることが重要で、
結果論で議論することには論理的な意味はないのだが、一応触れて
おく。試合中のPKについては決められたPKがやり直しになったのだ
から、むしろ結果的にはアントラーズに有利になっている(2回目も決
められたが)。そして、最後のPKで2回やり直しになっていて、ともに
止めたPKがやり直しになった上で決められているから、アントラーズ
に不利、という評価がされているものと思われる。しかし、1回目(試
合後のPK)の段階でどこがジャッジの対象になったのかについて説
明を受けているはずだし、曽ヶ端ほどのベテランであれば、次に同じ
ことを繰り返さないように、審判員(この場合は副審?)に当然確認
しているだろう。それでも同じことを再度繰り返してしまったわけで、
審判員としては、これを取らないわけにはいかないのは当然だ。もち
ろん、GKにも難しいスキルがあって、慣れたやり方をしなければ十
分な力を発揮できないのかもしれない。しかし、1回目のやり直しで
判定基準が示された以上、以後のPKにも、それと同じ基準が適用
されるのが当然で、それに適応するかどうかは選手の選択次第だ。
その意味で、「不利な『結果』」ということはできても「不利な『ジャッ
ジ』」ということは、どのように理屈づけても難しいだろう。

 なお、ここまでの議論に関連して、2年前の騒ぎを引き合いに出し
て、家本政明(SR)が「一貫したジャッジができていない」などとも言
われているが、むしろ一貫して厳密な判定をしたというべきで、あま
りに厳密なジャッジの是非が今後論点になることはあり得るが、い
くら同一人物に一貫性の欠如が問題視された過去があったとしても、
それを持ち出すのは正当な議論の進め方ではない。なお、「厳密な
ジャッジの是非」と書いたが、言うまでもなく、これは善悪という判断
基準とは独立の基準だ(ここまでの内容を踏まえれば誤解を招くこと
はないと思うが)。


 試合後の荒れ模様についてもずいぶん報道されたが、審判員が
悪いならどんな悪態をついてもかまわない、という行動規範は決し
て許容されない。仮に審判員が悪かったとしても許容されないと筆
者は思うが、いわんや、審判員が悪いということが確定しているわけ
ではい場合はなおさらだろう。の枚数が多いとも言われているが、
試合後の3枚を除けば、アントラーズの選手に出されたのは、あの
GKへの悪質なプレーを含めても高々4枚だ。(サンフレッチェは追
いつくために激しくプレーした結果か、5枚受けている。ただし、多く
は妥当なジャッジ。)

 アントラーズを代表する選手である小笠原は「Jにも影響がある
のに、あそこまでやる必要があるのか。一番冷静でなければならな
い人が感情的になった」と漏らしたと報道されている。報道されて
いるとおりに本人が発言したとすれば、まるで今日風な「主審は空
気を読め」と言わんばかりの発言だが、試合後にあんな状況にされ
て、そこで冷静さを保てなかったとして、それが一般的に審判員の
責任とされるべきことなのだろうか(ただし試合中にどのような精
神状態だったのかはわからない)。そこまで、超人的に強い精神力
があれば、それに越したことはない。しかし、それは全員に強要で
きる水準ではない。また、ここで「空気を読んで」なあなあなジャ
ッジをして、どのようにサッカー界が良い方向に向かうのか教えて
もらいたい。私のような凡人には想像も付かない。


 夜のスポーツニュースで、Jリーグチームの監督も経験したこと
のある某コメンテーターが「問題を起こすのはいつも同じ審判だ」
というようなことを言っていた。「試合が荒れた」のは事実だが、
審判が起こした問題だという根拠はどこにあるのか。検討を進めれ
ばそういう結論になる可能性ももちろんある。それを否定する気は
ない。しかし、そのコメンテーターが、じっくりと問題について熟考
して、現段階で正しいと言えると確信するに至った内容を、誤解
のないように伝える努力をするという義務を果たしたとはまったく
感じられない。極めて残念に思う。





 以上を全体的に踏まえたとき、松崎康弘(審判委員長)の、「ひ
とつひとつは大きく間違っていない」が、「十分に試合をコントロー
ルできなかった。選手の信頼を得られなかった」という評価はある
程度妥当だろう。

 1回目のPKについては、誤審の可能性もあり、その場合は審判員
の責任ということになろう。また、注目度の高い大一番を任されてい
るのだから、松崎康弘が言うように、個々のジャッジの妥当性という
レベルを超えて、選手の信頼を得られるようなゲームコントロールが
できればさらによかったという意味で、主審に一定の非があるのは
確かだろう。厳しい判定基準が、翻ってゲームコントロールを難しくす
るという面もあるように思うから、そういった点も踏まえて、審判員全
体としての判定基準をどの程度にするのかを検討していかなければ
ならないことも確かだろう(この点は1人の審判員にどうにかできるこ
とではない)。

 しかし、客観的に考えて、審判員のせいにできるのはそこまでであ
って、荒れた原因を全て審判員に帰するかのような論調は、いかよう
にしても正当化できないといえよう。 
スポンサーサイト
  1. 2008/03/02(日) 16:06:22|
  2. 試合結果
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:13
<<無題 | ホーム | 2008年度選手名鑑>>

コメント

ありがとうございます

丁寧且つ詳細な論評、ありがとうございます。
期待していた通りでありました。
見ていないゲームについてあれこれ言いたくはなかったものの、新聞でもネットのニュースでもかなりの伝えられ方をしており、具体的に個々の場面を指摘しつつジャッジの正当性やら判断の良し悪しを言っているものもあったため、どうなんだろうかと気になっていたところです。
事実をきちんと把握した上で、自分の見聞きしたことについてのみキッチリと論ずるべきであって、TVのコメンテーターらがそうではない可能性もあるのでしょうね。
私も、(HNにもあるように)審判員の端くれとして、審判がすべて正しいなどと言うつもりもなく、とはいえ近頃のマスコミの論調が必ずしもよいものとも思えず、“よりどころ”という意味でのこのサイトのありがたさを感じます。
家本氏には、若手審判の核として、これも糧にしてがんばってもらわねばならないでしょう。
一点気がかりとすれば、試合後のカードの連発でしょうかね。先程も書いた通り、報道がすべてとは思ってはいませんが、曽ヶ端はともかく中後や大岩へのカードについては、彼が今後気をつける部分かもしれないような…。
  1. 2008/03/02(日) 17:38:06 |
  2. URL |
  3. 3級の端くれ #2KLS3XHY
  4. [ 編集]

全く同じ意見です!

自分も昨日の試合は審判が悪いとは全く思わないし審判はルールにのっとった行為をしただけと思います。昨日の深夜ニュースでの某氏の発言や鬼武チェアマンの発言には納得いかないしかなり不愉快でした!!livedoorのブログもよかったら拝見ください!
  1. 2008/03/02(日) 18:03:31 |
  2. URL |
  3. G&J #-
  4. [ 編集]

参考になりました!

初めましてm(_ _)m
実はこの試合を観戦しておりました。
試合中のジャッジに関しても、PKのジャッジに関しても、妥当なものだと思ってます。
PKに関しても、おっしゃる通り1本目で線審とキーパーがかなり話をしていましたから、確認できていたはずですし。

実際に観戦する側もレベルを上げなくてはいけないと思います。
その辺は歴史の浅さもあるのかと思いますが・・・

それと、最後に乱入したサポについても、どうなのか?と思ってしまいました。
クラブ側が何らかの対応をするのかどうかも注目です。
  1. 2008/03/03(月) 13:06:49 |
  2. URL |
  3. 1992reds #-
  4. [ 編集]

テレビで見てました。主審が試合をコントロールできてないという報道がありますが、開始早々後ろからスライディングをしたり、キーパーの持っているボールを奪おうとしたりする選手がいるのにどうやってコントロールしろって言うんでしょうね。個人的には家本さんはPKを厳しくとりたくはなかったけど副審が旗をあげたので仕方なくとったという感じがしました。試合後キーパーがボールを蹴飛ばして審判に詰め寄って殴るまねまでしたのにイエローだけですんだのは思いがあったからだと思います。レッドだと開幕戦は出れないけどイエローなら無効になりますからね。家本さんは若いのでこれからもっと精進して頑張ってほしいです。
  1. 2008/03/03(月) 14:22:04 |
  2. URL |
  3. ラーメン #-
  4. [ 編集]

チームの色

xeroxは、例年盛り上がりとは反比例したとても難しい試合だと思います。
それは選手にとっても、審判にとってもです。
シーズンにどのように入っていくかを試す大会だから。
この試合が、シーズンの一試合なら騒がれることも取り上げ方も違ったでしょう。

この試合は、審判の皆さんの研修試合になっていて今シーズンの審判の方は競技場で観戦し、試合後ビデオ研修会も行われていると聞きました。

そこで論議され意思統一、他の方ならどのように対処したかが文章ではなく、直接顔を見ながら話し合われているはずです。
良いほうに転んでくれると願っています。

判定、審判を語る前にPK戦でも鹿島に勝機はあったのです。それを自ら手放してしまったように思えてなりません。
やり直しは自分が見る限り、曽ヶ端選手が早く前に出ていました。もし2度目にそれを許したら一貫性はなくなります。真横の直近で見ている副審の方の目が確かでしょう。
サポーター席から縦の動きは見辛いと考えられます


フロントやサポーターが選手を弁護していては、危険なプレーや異議が繰り返されます。
乱入に関しても警備体制はもちろんですが。違うチームの試合であれば、競技場に足を運んだ皆さんは嫌な思いをせず帰路につけたのではないかと思います。チームが変わらなければ。

けが人を出さない試合=選手のフェアプレーが基本です。シーズン前に選手一人一人が基本に戻って欲しいです。
勝つだけではない、子供たちの憧れるプレーで気持ちで魅せて欲しいと思います。
  1. 2008/03/03(月) 18:00:12 |
  2. URL |
  3. All For 2010! #-
  4. [ 編集]

同感

ご無沙汰しています。
 今回からハンドルネームをDaiからwakeに改めます。
 今後ともよろしくお願い申し上げます。

 「2008 XEROX SUPER CUP」は試合中のジャッジやPK戦のジャッジは全体的に妥当だったと思います。80分の広島に与えられたPKだけが疑問に残る判定ではありましたが、多くは妥当なジャッジだったと思っています。

 PK戦で2度のやり直しがありましたが、スローを見る限り、曽ヶ端選手の方が前に出ているのは明らかでした。1度目に武田副審と曽ヶ端選手が話をしていました。副審から説明を受けていたはずの曽ヶ端選手が同じことを繰り返し、2度目のやり直しとなったので、曽ヶ端選手の方に問題があったように私は思います。

  サポーターの乱入は許されるものではないと私は思います。クラブ側がどのような対応をするのか見守りたいところです。

  選手にはフェアプレーを実践してもらいたいですね。
  1. 2008/03/03(月) 20:31:25 |
  2. URL |
  3. wake #Ep6f4DE6
  4. [ 編集]

審判員とは。

お久しぶりです。
先日の試合内容は非常に残念でした。
僕も家本氏の判定には何も問題なく思いました。
カードも適性だったしPKやり直しも妥当。
ただ
『信頼を得られなかった・・・』
この一言に尽きますね。
僕も2級審判員として日々『信頼』を意識してます。
何かの記事に
『小笠原選手に対して無言でカードを出した・・・etc』
とありました。
ジャッジはもちろん、選手とのコミュニケーションもコントロールする上では非常に大きなウエイトを占めます。
以前、上川氏の言葉にもありましたが
『反則の判定に不服な態度を示す選手には(カード対象も同じく)時間をかけて説明するようにしています』僕も心掛けてる1つです。
お互い人間、まして反則を取られて感情もたかぶってる選手にはなおさら神経を使って対応しています。時間をかけて説明したら選手は納得してくれます。嘘のように次からのプレーもフェアになっていきます。
『コミュニケーションの重要性』
SR、国際、1級、2級・・・皆同じですよね。

審判と選手の溝・・・。
消す事の出来ない課題なのでしょうか・・・。

僕もゆっくり自分のブログでこの事には書きこみしたいと思います。



  1. 2008/03/04(火) 11:14:31 |
  2. URL |
  3. サッカー小僧 #-
  4. [ 編集]

競技は違えど僕も審判をしていて、選手からの信頼を得るのは相当な労力を必要と感じます。
「若いから」、「女だから」など、ジャッジ以外の要素でなめてかかってくる選手もいるのは確かです。

必要以上に選手と仲良くしないほうが良いと考えておりますが、あまり敵対心を表に出すのも考えものなので、「選手との信頼関係」を築くのは永遠のテーマです。
  1. 2008/03/04(火) 11:59:46 |
  2. URL |
  3. Tomo #JNrjWVGA
  4. [ 編集]

 はじめまして、自分もバスケの審判をしています。ニュースで見ただけですし、専門ではないのですが、選手のコメントや、協会の対応などを見ているとさみしく感じます。

 いろいろな角度から見れば、いろいろな捕らえ方があると思いますが、どの競技も審判は、正しい判定をするために一番いい場所から判定する努力をしてやっているはずです。ましてSR。
でも、その判定にあれだけ食って掛かる選手やその後のコメントは、レフリーに対する敬意などもなく、選手と同じ時間、同じように頑張ったレフリーに対して、文句や批判だけというのはさみしいと思います。

 判定が、与えた影響やそのゲームにあっていたかどうかは僕はわかりませんが(素人目にはPKは思いっきり前に出てたのでやり直しだと思います。)、審判がすばらしいゲームになるように最大限努力はされていたのだと思います。結果として、荒れた試合になったのかもしれません。それはそれで、いろいろな反省はすべきだと思います。

ですが、今回のような追及の仕方がされるのなら、選手も同じように、シュートミスなどが批判されるべきじゃないでしょうか?PKを止められたからだけでなく外したから負けたのでは?

 自分のミスを認めて、かつレフリーに対して意見を言うのなら分かりますが、ミスをレフリーのせいにするのはあまりにも寂しくないでしょうか?プロなら言い訳する前にレフリーの基準にアジャストすべきじゃないでしょうか。

 判定のミスはあると思いますし、それについての弁護をするつもりもありません。でもそれも含めてサッカーでは。そのサッカーが何たるかをよく知ってる上の人たちや、監督までした人の発言は、僕でも『えっ?』って思いました。

 自分の審判時の愚痴や言い訳のようにもなってしまいましたが、ニュースなどを見るとひどいいわれ方だったので、でもここに来てちゃんと見てる人はいるんだと思いました。
  1. 2008/03/04(火) 22:22:48 |
  2. URL |
  3. 野宿 #LkZag.iM
  4. [ 編集]

あと細かい所を付くようですが試合中のPKに関してはやり直しが与えられてアントラーズ側に有利になったとありますが、おそらくサンフレッチェ側の選手がキッカーが蹴る前にエリア内に入ったからのやり直しですよね。
それならアントラーズ側が有利になったというより不利だったから公平にするためやり直しが与えられたという見方ではないですか?(もう一回チャンスがあったという意味では確かに有利ではありますが・・・)
PK戦のやり直しもキーパーが前に出たことによってサンフレッチェ側が不利になったから公平にするためにやり直したのであってサンフレッチェ側が有利になったのではないのと同じ事だと思います。


またこの試合が荒れたといわれていますがその割には両チームのプレー自体はクリーンとは行かないまでも普通のよくある試合と同じ程度だったように思われます。
だから原因は審判とだは言いませんが選手自体に特に問題があるとは思えませんでした。

ただこの試合の判定について疑問は出ているので開幕までに(といってもあとわずかですが)協会が何らかの答えは出しておかないとならないと思います。
特にPKのやり直しについてはルール上確かにあれを反則ととっても問題ないが、実際に今まであれぐらいなら流されていたというのも事実。また、1回目のときに説明があったとしたら2回目にキーパーが気をつけろというのも正しい。
結局ルールがあるとは言っても当然それは文章上で表されているだけでそれの許容範囲はさまざまでしょう。
それを徹底するのは不可能ですが出来るだけ近づけるためにある程度の基準を設けて欲しいですね。その基準の例として今回はどうだったかの答えはやっぱり必要でしょう。
  1. 2008/03/05(水) 17:19:18 |
  2. URL |
  3. タク #WRP3ZCoY
  4. [ 編集]

ビッククラブの言いなりになれということですか?
J1がJ2に負けて何の恥があるのでしょうか?

川渕キャプテンや解説者や代表ビイキサッカー番組やプレスのようなルールを解からない輩が大衆暴力の如し
審判を寄ってたかって責めるのはやめましょう
日本人は融通の利かないのが嫌なのでしょう
お固い審判とか

選手が審判の傾向を見抜きゲームを落ち着かせる事で、鹿島も広島も冷静に勝負して欲しかった
Jリーガーがプロ意識に欠ける残念なゲームでした
この試合を通じ成長することが何よりの結果となる事を切に思います
  1. 2008/03/06(木) 12:28:43 |
  2. URL |
  3. オジーメン43 #-
  4. [ 編集]

→この記事についてコメントをいただいたみなさま

コメントありがとうございます。
多くの方へのお返事を一括して無礼をお許しください。

今回の一件は、ひと言でいえば残念ということになるのですが、JFAでの記者
会見における審判委員会の見解は、まずは妥当なものだと思いますし(結果と
しての処遇のあり方についてはベストだとは思いませんが、現在ある諸条件を踏
まえればある程度は理解のできる処遇であったとは思います)、『サッカーダ
イジェスト』誌の上川さんの記事を見ても、審判関係者の側からの決意は伝わ
ってきますし、あまり、この件をくどくどと書くのも良くないのではないかと思って
います。(それもあって、お返事を1件にまとめて書いています。)

マスコミの報道のあり方や、一部のサポーターの行為への不快感はもちろん
あるのですが、それは、仮におかしいとしても、誰かの意のままに操作できる
ものではなく、前提として考えなければいけないのだと思います。

それを踏まえたうえで、可能な限り客観的に考えていくというこのブログの立
場を維持していきたいと思っています(この記事はいささか主観的だったかな
と、その点については若干反省しているわけですが。)

サッカーに携わるすべての人が、少しずつ、よりよきサッカー人になることしか、
真の問題解決の方法はないと思いますし(漠然としてますが)、自分自身も、
1人のサッカー人として、今以上にサッカーを見る目を養っていかないといけな
いと痛感する次第です。
  1. 2008/03/15(土) 11:37:36 |
  2. URL |
  3. ミハイロビッチ♂ #-
  4. [ 編集]

ご無沙汰しています。
(PC調子悪かったので中々見れずにおりました)

試合は肝心なところをみていず、ニュース、新聞の類での情報しかなく、早く、こちらに来たかったのですが。

冷静な(落ち着いた)分析(解説)ありがとうございました。

自分も落ち着くことが出来ました。
  1. 2008/03/16(日) 12:07:36 |
  2. URL |
  3. チェレンコ #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamikawatime.blog56.fc2.com/tb.php/552-b0757009
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ゼロックス鹿島vs広島 G+の再放送を見たよ。

ゼロックス鹿島vs広島 G+の再放送を見たよ。 あくまで素人目線で間違った解釈をしていたらスマセン。 色々なところでジャッジについて大荒れしてますけど、割と公平なジャッジだったなというのが見終わった感想。 最初から主審がひどいんじゃなくて、初っ端から両チー
  1. 2008/03/06(木) 10:51:26 |
  2. 麿式

プロフィール

 ミハイロビッチ♂

Author: ミハイロビッチ♂

●サッカーとプリンをこよなく愛する

●「ヒデ」といえば中田英寿ではなく橋本英郎

●ガンバの中盤は遠藤でも明神でもなく英郎が支えていると信じる

●だからといってガンバファンではなくグランパスファン

●しかし名古屋市民ではない(エビフライは好き☆)

●馬は逃げ馬に限る(タップダンス♪タップダンス♪)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

Link

Ranking

Others

  • 管理者ページ
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。