上川タイム

日本サッカー界を代表する審判であるとともに、厳格なジャッジでも知られる上川徹氏を、暖かい眼(?)で見守るブログ♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第32節:裏腹

 残り3節となり、佳境を迎えたJ1は、第32節の9試合。

 優勝争いや降格争いを繰り広げるチーム、天皇杯の可能性を
残し、そこに繋がる試合をしたいチーム、来期を見据え明るい要
素を見出したいチーム、意地は見せたいチームと、まあ、複雑な
要因が絡み合って、終盤戦ならではの展開といえるか。




第32節の結果■■


   モンテディオ山形 0-0 大宮アルディージャ
         主審:村上 伸次(PR)

  アルビレックス新潟 0-1 柏レイソル
         主審:鍋島 將起

      京都サンガ 0-1 鹿島アントラーズ
         主審:扇谷 健司(PR)

    清水エスパルス 0-2 ガンバ大阪
         主審:東城 穣(PR)

      浦和レッズ 3-2 ジュビロ磐田
         主審:奥谷 彰男

  サンフレッチェ広島 0-0 名古屋グランパス
         主審:高山 啓義

    ヴィッセル神戸 2-2 横浜F・マリノス
         主審:井上 知大

    大分トリニータ 1-0 川崎フロンターレ
         主審:家本 政明(PR)

ジェフユナイテッド千葉 2-1 FC東京
         主審:岡田 正義(PR)



 筆者は所用により今節は観戦していないが、次節の鹿島-大
阪、大宮-柏の両試合は、ともに大一番となるのだろう。審判員
についてどのようなアポイントがなされるのか興味津々といった
ところだが、どうなるだろうか。
スポンサーサイト
  1. 2009/11/23(月) 17:11:45|
  2. 試合結果
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<第34節:象徴 | ホーム | 気まぐれで・・・>>

コメント

穴リスト

今週の(首位争い、3位以内確定争い、降格決定争い)厳しいJリーグを尻目に(笑)、
穴沢氏が、高校サッカー選手権の東京予選決勝(Bブロック)を吹いていらっしゃいました。
ミハイロビッチさんは、かつて穴リストと称していらっしゃったと記憶しておりますが、ご存知でしたか?
こんなオファーもあるのですね。
ちなみに、Aブロックの決勝は、牧野さん(1級の都立高校の先生だと思います。違ったらスミマセン。)が主審でした。
さて、今週末の審判は???
  1. 2009/11/29(日) 16:56:49 |
  2. URL |
  3. 3級の端くれ #sK5r0rSo
  4. [ 編集]

→3級の端くれ さん

コメントありがとうございます。

高校サッカーの件はノーチェックでした・・・。

Jの審判員の方は、Jの試合以外にも様々な試合にアポイント
されていますので、トータルで見ると、年間にかなり多くの試合
数をこなしてることになりますね。

頭が下がります。
  1. 2009/12/08(火) 12:21:26 |
  2. URL |
  3. ミハイロビッチ♂ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamikawatime.blog56.fc2.com/tb.php/689-c016361f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 ミハイロビッチ♂

Author: ミハイロビッチ♂

●サッカーとプリンをこよなく愛する

●「ヒデ」といえば中田英寿ではなく橋本英郎

●ガンバの中盤は遠藤でも明神でもなく英郎が支えていると信じる

●だからといってガンバファンではなくグランパスファン

●しかし名古屋市民ではない(エビフライは好き☆)

●馬は逃げ馬に限る(タップダンス♪タップダンス♪)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

Link

Ranking

Others

  • 管理者ページ
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。